スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国、風力発電設備で外国製への規制撤廃 欧米勢参入に弾み 

中国、風力発電設備で外国製への規制撤廃 欧米勢参入に弾み(日経)
2009年10月31日 20:08

中国政府は地方政府などによる風力発電設備の導入について、外国製品の調達規制を撤廃する。現在は部品や技術の7割を国内製でまかなうことを義務付けているが、今後は自由に外国製品を導入できるようにする。風力発電分野で強みをもつ欧米メーカーの中国事業拡大にはずみがつきそうだ。

米中両国政府が29日に浙江省杭州で開いた米中合同商業貿易委員会で合意した。同委員会に参加したロック米商務長官は「今回の措置で中国のエネルギー市場が開かれ、米国の雇用創出につながる」と歓迎した。

中国は世界貿易機関(WTO)の政府調達協定に参加しておらず、自国製品の優先調達を法律などで義務付けても協定違反にはならない。米中両国は今回の委員会で「中国の同協定加盟に向けた協議を加速させる」ことでも合意。外国製品の調達規制緩和の動きは今後、他の品目にも広がる可能性がある。
-----
う~ん、欧米メイカーの風力発電設備の導入とは、欧米の部品や技術を取り入れるということですから、中国の風力発電が現在よりも、もっと効率的になるということでしょうね。
また、風力発電による発電量も当然増加することが見込まれます。

前政権を担当した自民党の主導によって太陽光発電には積極的な日本ですが、風力発電には補助金も出ないとか。

でも、風力発電の技術は欧米に負けてませんよ!って、先日カンブリア宮殿でやってました。

まあ、民主党に期待したいですが・・・・。


小型風力発電のゼファー株式会社

風力発電機の開発・製造に大いなる夢を抱く企業、それが私たちゼファー株式会社です。私たちの夢、それはクリーンで尽きることのないエネルギー"風力"を活用し、世界中のすべての人々が容易に発電を行える環境を創造することです。



太陽光発電買い取りスタート、電気代負担増も (読売新聞)
2009年11月1日(日)19時36分

家庭などで発電した太陽光発電の余剰分を電力会社が高値で買い取る制度が1日、スタートした。

制度導入を当て込んで太陽光パネルの購入者が急増、電機メーカーは増産体制に入っている。

太陽光発電の需要が増えれば、温室効果ガス排出量削減につながる効果が期待できる半面、電力会社の買い取りコストは太陽光を使っていない家庭も含めて電力料金に上乗せされる。
温暖化対策と国民負担のバランスをどう考えるが問われそうだ。

新制度は、太陽光発電を取り入れた家庭や学校などが使い切れなかった電力の買い取りを電力会社に義務付ける。再生可能エネルギーの導入を後押しすることが狙いだ。買い取り価格は一般住宅で1キロ・ワット時当たり48円で、電力会社がこれまで自主的に買い取っていた価格の2倍。電力会社は10年間続ける。
-----
自民党が決めた政策です。

日本のエコ政策は、太陽光発電だけに恩恵が!!






にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/11/01 23:38 ] アーカイブス | TB(0) | CM(2)


コメントありがとうございます。

tonynさん、コメントありがとうございます。

僕の家は北海道にあるのですが、ソーラー?

雪が降るので、ソーラー発電を疑問に思う人がほとんどだと思います。



[ 2009/11/03 22:06 ] [ 編集 ]

ども。
うちの実家にソーラー付けたので買い取り倍は個人的にうれしいです。
[ 2009/11/02 22:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/485-2ef097b4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。