スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米ウォルマートの中国買付額が激減、人民元上げでベトナムに 

米ウォルマートの中国買付額が激減、人民元上げでベトナムに(IBTimes)
買付削減の主な原因は、人民元が大幅に引き上げられたことにあり、中国で削減された発注の大部分は、ベトナム、インドなどの国に回されている。さらに国内の在庫コントロールのために、全体の買付量も減らしているという。
-----
人民元高で、中国買付額が激減ですか。
中国輸出黒字削減につながるか?



そろそろ潮時かもしれない中国貿易黒字の拡大(クルーク)
中国の自国通貨である人民元が小幅ながらも上昇を続けている一方で、中国の貿易黒字が拡大していることから、中国でJカーブ効果が発生していると指摘する方もいます。仮にこの指摘が正しいとすれば、中国政府が人民元を切り上げたのは、今から2年前(2005年7月)だっただけに、そろそろJカーブ効果が消滅する、つまり貿易黒字は縮小に向かうことになります。



Jカーブ効果とは?


自国通貨が上昇しても、短期的には、貿易黒字が拡大する現象。
(この現象を、時間経過と貿易収支の2軸のグラフに表すと、アルファベットのJの形に似ることから、Jカーブ効果と呼ばれている)




・7月より中国政府は、輸出製品の増値税還付率を引き下げたので、7月以降の輸出の拡大ペースが鈍化する可能性があります。

・食品を中心とした中国製品の安全性問題も、中国の輸出を押し下げる可能性があります。
-----
「中国経済はより内需主導に向かうべき」とのFRB議長の見解どうりとなるのでしょうか?




NY市場 妙な憶測も?(クルーク)
今のところ、JPモルガン、メリルの2行は、不良債権処理を迅速に実行し、サブプライム問題に区切りを付ける姿勢を示しているが、他の投資銀行はどうなのか注目される。


<NY株>住宅ローンの焦げ付きなど懸念し急反落 (毎日新聞)
18日午前のNY株式市場は急反落し、ダウ工業株30種平均は一時、前日終値比107.06ドル安の1万3864.49ドルをつけた。米証券大手ベア・スターンズが、住宅ローン焦げ付きで多額の損失を出した傘下のヘッジファンドについて「資産価値はほとんどない」と表明し、金融機関の業績悪化懸念が広がった。
-----
サブプライム住宅ローン担保証券(RBMS)への投資責任者が解雇されておしまいになる場合もあるとのことです。

つまり、トカゲのしっぽ切りってやつですよ。







スポンサーサイト



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/07/19 02:22 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。