スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

復星国際、オーバーアロットメントオプションの行使を発表 

復星国際、オーバーアロットメントオプションの行使を発表(内藤証券)
復星国際(0656.HK)は19日、オーバーアロットメントオプションが上限まで行使されたと発表した。新株1億8750万株が追加発行された。これにより発行済み株数は62億5000万株から64億3750万株に増加している。

発行価格は公募・売出価格と同じ1株あたり9.23HKドル。新たに調達した資金は約127億7000万HKドル(諸費用を除く)に上る。
-----
・中国最大の私営コングロマリットであること
・有力機関投資家が名を連ねていること
・「上海のビル・ゲイツ」との異名をとるカリスマ董事長がいること
などから、この会社に賭けてみようと思いました。

「オーバーアロットメントオプションが上限まで行使」というイベントも終了し、中国政府は金利の引き上げを発表しました。

さて、果報は寝て待て!です。

復星国際(0656)







中国、8月15日から利子課税率を20%から5%に引き下げ=新華社(ロイター)
新華社は20日、中国が利子所得にかかる源泉徴収税率を8月15日付で20%から5%に引き下げると伝えた。

税率引き下げはすでに国務院(内閣)で決定済みという。

中国人民銀行(中央銀行)は20日、1年物の貸出および預金基準金利をそれぞれ27ベーシスポイント(bp)引き上げると発表している。




中国政府は、「中国の社会的・経済的状況は変化しており、投資の伸びは比較的速く、インフレ率は上昇、それに比較して個人の貯蓄が生み出すリターンは減少している」と指摘。さらに、「利子所得税引き下げが貯蓄リターンの増加につながり、経済成長に伴う需要を満たすことに役立つ」とした。 (ブルームバーグ)
-----
貯蓄を促し、資産価格高騰の抑制を図るということですね。

さあ、銀行株!と思っていたら、

一部の銀行株が個別の問題で売られた。中国銀行(3988)が1.18%安で下落率トップ。
国家審計署の調査で問題のある貸付が見つかったと報じられたことが、悪材料となった。同じ問題で交通銀行(3328)は小幅安。
一方、問題貸出の額が最も小さかった招商銀行(3968)は2.33%高。(内藤証券)



スポンサーサイト



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/07/20 23:39 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)

中国のメール配信を混乱させた「万里の検閲」 

中国のメール配信を混乱させた「万里の検閲」(ITmedia)
ここ数日中国で頻発しているネットのトラブルには、中国政府の“万里のファイアウォール”と呼ばれる検閲システムが関連しているようだ。(ロイター)

中国では目下、急成長中のインターネットに置かれる「不健全なコンテンツ」の取り締まりが大々的に行われている。インターネットでは、政府の腐敗や地方の騒乱など、従来のメディアでは報道されない情報が急速に広まり、体制維持に躍起の中国のリーダーたちを動揺させている。




中国ネットユーザー、増加ペース加速(ITmedia)
中国のオンライン人口は2007年前半に2500万人増えて1億6200万人に達した。前年のほぼ2倍と言える増加ペースだ。(ロイター)

世界第2位となる中国のオンライン人口は、1月から6月末にかけて2500万人増加したと中国産業経済信息網(CNNIC)は報告した。米国のオンライン人口2億1100万人との差を詰めてきている。

 間もなく3Gワイヤレス規格を導入する中国では、4430万人が携帯電話でオンラインに接続しており、またブロードバンドユーザーは1億2200万人に達したという。



・ネット利用者の73%が家でネットを利用

・インターネット新聞の利用率は77.3%で、各種用途のトップ

・ネット利用者の3分の2が音楽の視聴やダウンロードを利用し、約半数がオンラインゲームを体験

・ネットで仕事を探したことのある人はわずか15%、ネットショッピング利用者は25.5%、旅行のオンライン予約をする人はこれもわずか3.9%、ネットで株取引やオンライン銀行の利用を行う人は約20%

・ネット利用者のインターネットへの信頼度は低く、「信頼している」とする人の割合は3分の1に過ぎない。学歴が高いほど信頼度が低くなる。(人民網)




中国、追加利上げと利子課税率の低減・撤廃を実施する可能性(ロイター)
19日付の中国証券報は、1面の論評で、中国は近く、追加利上げを実施し、現在20%となっている銀行預金利子への課税率を引き下げるか撤廃する可能性があると報じた。

預金の魅力を高めることで、銀行システムから過熱する株式市場に資金が流入するのを防ぐのが狙い。
-----
19日の香港市場、銀行株上げてます。



国家統計局は18日、消費者物価指数(CPI)の発表を20日に延期するとしていたが、国内総生産(GDP)などほかの主要経済指標とともに本日発表した。(内藤証券)
-----
変更の変更、ですね。


そして、


注目の今年6月のCPI上昇率が4.4%と市場予想を上回ったことで、新たな景気引き締め策への懸念がさらに強まった。


しかし、


・本土系銀行株や主力株への好業績期待

・本土市場で主要経済指標の発表による影響が限定的

ということで、


市場心理が上向きに!   

でも、利上げがあるんですよね。どうなることやら。




[香港8280]天業節水:DBSが「買い」に評価(夢中株)
DBSビッカーズは、天業節水(ティエンイェウォーターセービング:香港、8280)の投資判断を「買い」に、目標価格を5.17香港ドルに評価すると発表した。DBSは、同社の生産能力拡大が2007年度と08年度の業績に反映すると指摘、2008年度の純利益は1億2050万元(約19億4400万円)に達すると予測している。

また天業節水は、今年10月頃にメインボードへの鞍替えを計画している。同社は、すでに鞍替え申請を提出しているという。

天業節水(8280)










にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/07/20 01:29 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。