スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バフェット氏:ポールソン米財務長官の「金融安定化策は不可欠」  

バフェット氏:ポールソン米財務長官の「金融安定化策は不可欠」 (ブルームバーグ)
バフェット氏は、「市場は、先週のような状況がもう1週間続いたら耐えられなかっただろう」と語り、「ポールソン長官はこのような対策を望まなかったと思うが、これに代わる策はない」との見方を示した。
-----
ゴールドマン・サックスに対して、バフェットさんは50億ドル(約5290億円)をポンと出しちゃうのですね。
この暗い雰囲気を明るくできるのは、バフェットさんしか居りません!

最近、コカコーラが匯源果汁(1886HK)の買収に乗り出しましたが、コカコーラといえば・・・、そう、大株主にバフェットさんの名前がありますね。
かつて、ペトロチャイナ(0857HK)の次に狙っている中国株と噂されていたのが同業の煙台北方安徳利果汁(8259HK)でしたね。
煙台北方安徳利果汁(8259HK)、通称アンドレは、Qさん銘柄でもありますから、僕も少々ホールドしてるのですが、バフェットさんの本命は匯源果汁(1886HK)の方だったということです。
バフェットさんが、中国に投資しているという事実、心強いですね。

匯源果汁(1886)




安徳利果汁(8259)



スポンサーサイト



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2008/09/24 23:45 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)

アジア各国で中国産乳製品の回収、輸入停止-乳製品メーカーの株急落 

アジア各国で中国産乳製品の回収、輸入停止-乳製品メーカーの株急落(ブルームバーグ)
中国の乳製品メーカーの株価は急落。中国蒙牛乳業の株価は23日、前営業日比60%安の7.95香港ドルと、2004年の上場来で最大の下げとなった。同株価は17日から売買停止となっていたが、23日に取引を再開した。上海証券取引所に上場されている内蒙古伊利実業集団と光明乳業も値幅制限いっぱいの10%安となった。
-----
今日の香港市場のオープニング・セッション、日本時間の10時半過ぎでしたが、蒙牛(2319HK))の株価は、一時3.1ドルになってました。80%以上の下落でした。
いや~、買いたい衝動に駆られましたが、資金がないのは非常につらいことですね。
あれよれよと、7ドル台に。一気に倍ですからね。


蒙牛乳業:GS証券、投資判断「買い」を維持(中国情報局)
同証券によると、蒙牛乳業の粉ミルクからメラミンが検出されたことで、株価への悪影響は避けられない状態。しかし、まもなく発表予定の2008年6月中間期決算ではサプライズが期待できるほか、粉ミルク事件を受けて消費者による高品質製品への購買意欲が高まっていることを背景に、蒙牛乳業の高級ブランド「特侖蘇」の需要が高まるとみられる。
-----
ターゲットプライスは、28.5ドル。

悪材料出尽くしで、後は上昇あるのみ?

蒙牛乳業(2319)




悪材料出尽くしといえば、不動産業界もでしょうか。

都市住民の貯蓄マインド改善、住宅購入意欲は10年来最低水準=人民銀調査(トランスリンク)
「向こう3カ月以内に住宅を購入する予定」と答えた住民は13.3%だった。調査を開始した1999年以来の最低水準となった。また、調査した7大都市のうち、北京、上海、天津、広州など各市の購買意欲は10%以下と、全国平均を下回った。
-----
不動産株も下がりに下がりました。
金利も下がったことですし、マイホームブームに沸き立つか?

そして、不動産価格も下げたけど、株も買う人が少ないようです。
高値から3分の1ほどになった香港証券取引所(0388HK)、もうそろそろ仕込み時?

香港証券取引所(0388)







にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2008/09/23 22:17 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)

NY原油急伸、終値120ドル台に 

NY原油急伸、終値120ドル台に(日経)
米政府による不良資産買い取り策を受けて金融市場が安定化し、資金が再び商品市場に流入するとの期待感などが買いにつながった。10月物はこの日が取引最終日で、積み上がっていた売り持ちを解消するための買い戻しが膨らんだ面があった。一時は130ドルちょうどと、7月22日以来の高値を付けた。上げ幅が価格制限の10ドルに達し、電子取引が停止される場面もあった。
-----
原油価格は、120ドル、金価格は、900ドル。
ここ最近、そこを打った感のあった香港株ですが、商品に資金が流れれば、またまた下落する可能性が。
でも、香港市場の資源株も注目されることに?

それよりも、オリンピック、パラリンピックが終わり、北京の街にも車の渋滞が復活したとか。
中国の成長はおわったわけではありません。
事故米問題もそうですし、車の渋滞や工場からの有毒ガス。
環境問題も再び、でしょうね。







にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2008/09/23 08:03 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)

投資家ファーバー氏:原油相場下落は続く、米経済のリセッション反映 

投資家ファーバー氏:原油相場下落は続く、米経済のリセッション反映(ブルームバーグ)
著名投資家のマーク・ファーバー氏は、原油相場が向こう3カ月から6カ月にかけ下落が続くとの見通しを示した。2008年7-12月(下期)は商品相場にとって好環境ではないとの見方をあらためて示した。
-----
著名投資家のマーク・ファーバー氏?
僕にとっては知らない人です。

ただ、、「原油下落は景気の弱さの症状だ。」 というところは共感できます。




中国人民元:対ドルで下落-当局が景気減速回避で元高抑制との見方(ブルームバーグ)
中国の外国為替取引では、人民元が対ドルで下落した。輸出支援と景気低迷回避に向け、中国当局が元の上昇ペースを緩和しているとの観測が広がったことが背景。
-----
世界的に景気減速なら、原油をはじめとする商品価格は下がります。
ということは、人民元が高くなくても、海外からの商品が手ごろな値段で手に入る。
さらに、人民元安は輸出に有利となるのです。

ただ、

中国の膨れ上がる対米・対欧州貿易黒字と、世界最大の1兆8000億ドルに達する外貨準備高により、世界経済の不均衡が拡大している。(ロイター)



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2008/09/02 21:22 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。