ロジャーズ氏、中国は20年後に米抜き最大の経済国に 

ロジャーズ氏、中国は20年後に米抜き最大の経済国に(サーチナ)
2009/04/07(火) 16:01

香港経済日報が7日までに伝えたところによると、米著名投資家のジム・ロジャーズ氏はこのほど、中国は20-30年後に米国を抜き、世界最大の経済大国となるとの見方を改めて強調した。

ロジャーズ氏は中国に関する自著『A Bull in China』の中で、ポテンシャルを秘めた中国企業株を紹介し、中海石油化学、中国食品、中国海洋石油(CNOOC)、中国石油化工(シノペックコーポ)、王朝ワイン、神華能源、超大現代農業、安徽高速道路、嘉里建設、中国石油天然気(ペトロチャイナ)、大唐国際発電、雨潤食品、匯源果汁の13社を具体名として挙げている。




にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/04/07 20:34 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)

中国株を有望視、タイ株も投資妙味=テンプルトン 

中国株を有望視、タイ株も投資妙味=テンプルトン (ロイター)
2009年4月7日(火)19時26分

新興国株の運用で有名なテンプルトン・アセット・マネジメントのマーク・モビウス会長は7日、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の中で、経済の高成長が見込まれる中国を最も有望視していることを明らかにした。

また、アジア新興国の中では、政情不安の影響などで割安になっているタイ株式にも投資妙味があるとの見方を示した。都内で行ったロイターとのインタビューで語った。




にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/04/07 20:31 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)

香港株式市場・大引け=急反発、4カ月ぶりの大幅上昇 

香港株式市場・大引け=急反発、4カ月ぶりの大幅上昇(ロイター)
2009年 04月 2日 19:19

2日の香港株式市場は急反発。強い内容の米経済指標や会計基準緩和への期待でHSBCホールディングス(0005.HK)が5カ月ぶりの大幅上昇となり、相場全体を押し上げた。

HSBCは15.5%高。3月に発表した180億ドル規模の株主割当増資関連のテクニカル要因がはく落した。同社株は3月に19%下落していた。

ハンセン指数.HSI終値は1002.43ポイント(7.41%)高の1万4521.97。1日としては過去4カ月間で最大の上昇率となった。

売買代金も752億香港ドルと3カ月ぶりの高水準。

ハンセン中国企業株指数(H株指数).HSCEは494.52ポイント(6.12%)高の8572.20。

このところ売買代金が堅調な水準を維持していることから、香港取引所(0388.HK)は10.5%急伸した。






にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/04/02 21:35 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)