中国の遺伝子組み換えコメ認可、単収の大幅増につながる可能性も 

中国の遺伝子組み換えコメ認可、単収の大幅増につながる可能性も(ブルームバーグ)
2009/12/01 16:19

中国が遺伝子組み換え(GM)技術の利用拡大に向けコメとトウモロコシのGM品種を認可したことは、同国の食糧供給の確保や農村部の収入増加につながる可能性がある。中国は世界最大の穀物生産国。

中国科学院の朱教授(生物工学)は「主要穀物生産国が食糧生産でGM技術の利用を承認したのは今回が初めてであるため、中国によるGM品種のコメの認可は大きな意味を持つ」と指摘した。中国農務省が1日、ブルームバーグ・ニュースあてに送付した文書によると、同国はトウモロコシとコメの数品種について生産と消費に関する安全を宣言した。
-----
農村部の収入の増加ですか・・・・。

日本が何を言おうと、農産物は「遺伝子組み換え」が主流になりつつありますね。
これは、どうしようも無いことだと思います。

とにかく中国では、コメとトウモロコシの生産量が増えることは間違いありません。

あれ~、「中国食品(0506HK)がコメを取り扱う。」といった記事をどこかで見たんだけど、ないな~。
改めて探してるだけど、見つかりません!

中国食品(0506HK)





スポンサーサイト






にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/12/01 18:26 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)