スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米ゴールドマン:原油は1バレル=150-200ドルに達する「公算大」 

米ゴールドマン:原油は1バレル=150-200ドルに達する「公算大」(ブルームバーグ)
米ゴールドマン・サックス・グループは6日までに、原油相場が2年以内に1バレル=150-200ドルに達する公算が大きいとの見通しを示した。供給伸び悩みが価格上昇を招くと予想している。

向こう6カ月-2年の間に1バレル=150-200ドルに達する可能性。

需要増が供給余力の大半を飲み込む一方で、ナイジェリアやイラク、ベネズエラからの供給は減少気味だ。
-----
灯油需要が旺盛な冬場が終わったと思ったら、今度は夏季の需要増見込み?
連日の原油価格の最高値更新が続くと、200ドルに現実味を感じてしまいます。
北京五輪も、中国の新たな製油所の稼動開始も原油の需要増を感じさせてくれますね。

今日、中国情報局でトップニュースで報じられているのが、

中国石油天然気:バフェット氏、再度買いか(中国情報局)
バフェット氏は「これから3年間、さらに中国、インドの企業に投資していく。中国には外資制限があるが、投資機会をじっくり待つつもりだ」と述べた。また中国石油についても触れ、「描く理想的な株価になれば、再度買い」と関心を示した。
-----
投資機会をじっくり待つ?

「4月の消費者物価インフレ統計と、貿易統計は12日に発表予定。市場は、インフレ率は3月の8.3%に近い水準と予想しており、投資家らの不安が続くのに十分な高さだ。
ただ、アナリストは全体的に、大規模な金融引き締めが実施される公算は引き続き小さいとみている。」(ロイター)

「もしインフレが緩和するか、経済成長の底堅さが保たれれば、株価は一段と上昇する可能性がある。」との意見も。

しかし、原油価格?食料価格?
インフレ懸念を払拭することは難しいようですが・・・・。

中国石油(0857)










にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2008/05/06 20:19 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/122-2e7644a9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。