スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

訂正:中国の復星国際の香港IPO、有力機関投資家から強い需要=関係筋 

訂正:中国の復星国際の香港IPO、有力機関投資家から強い需要=関係筋(ロイター)
中国最大の私営コングロマリット(複合企業)、復星国際が香港での新規株式公開(IPO)に向けて実施した機関投資家への募集では、初日の25日に募集枠を満たす応募があった。関係筋が同日、明らかにした。

 復星国際は、上海の企業家4人が設立した会社で、鉄鋼、不動産、医薬品が中核事業。小売り、鉱業、証券事業も手掛けている。



 同社が今回発行するのは、増資後の発行済み株式数の約20%に相当する12億5000万株。発行価格は1株=6.48─8.68香港ドルを想定。2008年の1株利益予想(EPS)を基に算出した株価収益率(PER)は13─17.7倍(訂正)。

 関係筋によると、このうち総額2億2000万米ドル相当の株式を香港の財界リーダーである李嘉誠氏、ヘンダーソン・ランド(0012.HK: 株価, 企業情報 , レポート)の会長、シンガポール政府投資公社(GIC)のほか、サウジアラビアのアルワリード王子など11の機関投資家が引き受ける。

 

 UOBカイ・ヒアンの機関投資家向けセールス責任者は、香港に上場している中国本土のコングロマリットに比べると復星国際のバリュエーションは適正であり、復星国際が本土上場企業をいくつか傘下に持っていることを挙げ、復星国際の市場価格は堅調なA株(人民元建て株式)市場と足並みをそろえて上昇するとの見方を示した。

 復星国際はコード番号「656」(0656.HK: 株価, 企業情報 , レポート)で7月16日に香港証券取引所に上場する予定。



訂正:本文3段落目の「2008年予想株価収益率(PER)の13─17.7倍」を「2008年の1株利益予想(EPS)を基に算出した株価収益率(PER)は13─17.7倍」に訂正し、5段落目を削除します。
-----
本日上場する復星国際(0656HK)、グレーマーケットでは、12HK$を一時超えたとのことですが、みなさんは買われますか?

復星国際(0656)





復星国際(0656HK)について追加します。23:55



上海ドリームを実現した福旦大学の星 復星集団董事長郭広昌(エクスプロア)
上海ドリームを実現した復旦大学の星

復星集団董事長 郭広昌

投資戦略の天才がねらうのは「外資に勝てる業種」

―バイオ・医薬、不動産、流通業、鉄鋼業を基幹に、中国を代表する企業を目指して―

1992年に登録資本金10万元にて、復旦大学卒業生5人ではじめた会社上海復星高科技(集団)有限公司。10年経ち、復星集団および投資関連会社の総売上340億元(日本円で約5000億円)、中国企業トップ500社の1社となり、上海でもっとも大きな民営企業となった。
-----
「10年前に学生時代の仲間と資本金3,8万元(約57万円)で会社を設立しました。 」(テレビ東京)

郭広昌董事長には「上海のビル・ゲイツ」との異名も。



郭広昌  かく・こうしょう  Guo Guangchang   1967-- (現代中国ライブラリィ )

 復星高科技(集団)有限公司董事長。浙江省出身。1989年に上海の名門・復旦大学哲学学科を卒業後、同大で教員となる。

発展する上海私営企業、“復旦の星”

 1992年の小平「南巡講話」に時代の変化とビジネスチャンスの到来を感じとり転身を決意。復旦大学の級友4人とともに、同年に資本金10万元で技術コンサルタント会社を設立。B型肝炎の診断薬がヒットした。
 その後、不動産事業へ進出して成功。復地集団(シャンハイフォートランド)は2004年に香港市場に上場(H株)。小売、金融、鉄鋼などへも事業を拡大、私営企業として急成長を遂げた。
 現在は復星医薬、復地集団のほか、南鋼聯(鉄鋼)、徳邦証券、上海索恩軟件(ソフト)などを擁する上海最大の私営企業グループへと成長した。

 2004年12月、中国で最も権威ある経済賞である「2004年度中国経済年度人物10人」(中央電視台)の1人に聯想集団の楊元慶CEOらとともに選出。各種富豪ランキングの常連でもある。第10期全人代の代表もつとめる。(2005年5月15日更新)

復地集団(2337)




復星国際:李兆基氏などが出資(夢中株)
市場内部の情報によると、香港市場への上場を控えている復星国際に、8名の富豪が総額2億5000万米ドル(約308億8300万円)を出資し、新株の25%を取得することがわかった。
-----
1,サウジアラビアのアルワリード・ビン・タラル王子
2,恒基不動産(0012HK)の李兆基主席
3,長和系の李嘉誠主席
4,新世界発展(0017HK)の鄭裕トウ主席
5,嘉里集団の筆頭株主である郭鶴年氏
6,東亜銀行(0023HK)の李国寶主席
7,華人置業(0127HK)の劉鑾雄主席
8,迪生創建(0113HK)の潘迪生主席
の8名は復星国際の戦略株主となる。


さらに!!


復星国際は計11名の戦略投資家を引き入れるという。新鴻基不動産(サンフンカイ:香港、0016)、中国人寿保険(チャイナライフインシュアランス:香港、2628)、シンガポール政府投資公社(GIC)などはそれぞれ1億5600万香港ドル(約24億7300万円)を出資する計画。(夢中株)



香港 マーケット 復星国際、本土新興財閥が颯爽デビュー(UW証券)
話題の民間コングロマリットが満を持しての登場――。週明け16日(月)に上場する復星国際(フォースン・インターナショナル:656/HK)は、不動産デベロッパーの復地集団(2337/ HK)、産金メーカーの招金鉱業(1818/ HK)、医薬品メーカーの復星医薬(600196/SH)、小売の豫園商城(600655/SH)、鉄鋼メーカーの南京鋼鉄(600282/HK)などを傘下に擁する注目の新興グループだ(下図参照)。事業別の利益比率(06年度)は、鉄鋼が54%、不動産が25%。地域別の保有資産価値は、上海が63%、北京が24%、杭州が9%となっている。IPO申込み倍率233倍の人気化が示す通り、日本時間18:30時点のグレーマーケット(上場前の相対取引)価格は、公募価格(9.23香港ドル)を27%上回る11.74香港ドルで推移。本土系の民間コングロマリットで唯一の上場銘柄という希少性に加え、大株主に有力ファンドや香港財界人が名を連ねていることもあり、上場後も好パフォーマンスが予想される。
-----
しかし、カテキンさんは、

「ここはいろんな企業の持ち株会社で、しかも傘下にA株企業も多いのでA株が値崩れ起こすと影響を受ける。

各社の上場レポートでも『A株』の代替銘柄と載っているのが多いね。」



「今週後半に第2四半期GDPなど主要経済指標の発表を控え、追加引き締めへの警戒感が一段と強まった。 」とのことで、16日の本土市場は主要4指数がそろって下落。
そのせいか、復星国際は後場に入って元気がなくなりました。




にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/07/16 10:10 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/13-e241976c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。