スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人民元:ペッグ制廃止後で最大の下げ-中国が成長持続重視の方針示唆  

人民元:ペッグ制廃止後で最大の下げ-中国が成長持続重視の方針示唆(ブルームバーグ)
中国の外国為替取引では、人民元がドルに対し 2005年のペッグ(連動)制廃止後で最大の下げとなった。中国共産党の政治局が景気拡大の持続に軸足を移すことを示唆したことを受け、政府が輸出企業を支えるため、元上昇ペースを鈍化させるとの観測が強まった。
-----
中国政府が北京五輪後の景気下振れを防ぐため、減税などの景気刺激策を検討し始めた(日経)


具体的には・・・・

1)個人所得税の課税最低限を引き上げ
2)貯蓄利子税の税率引き下げ

などが検討されてるとのこと。


28日の上海・深セン株式市場の株価は、銀行株と不動産株主導で、反発して引けた。中国共産党政治局が会議で経済政策の目的をインフレ抑制から成長の維持に若干軌道修正したもようであることが背景。(ロイター)
-----
経済政策の軌道修正は、

1)積極的な金融引き締めの可能性を減後退させ、
2)銀行貸出枠が緩和される可能性や、
3)輸出企業が税制面でこれまでより優遇される

といった可能性を示唆するというのですが・・・。


華泰証券のアナリストは「政府の会議は投資家に安心感を与えた。一部の人々は現在、年内の利上げの可能性はほとんどないと考えている」と述べた。(ロイター)


ある不動産アナリストは、不動産を買うよりも不動産株を買う方が良い選択だと主張する。現在の不動産株の株価は不動産価格の20―30%下落を反映した水準だが、実際に不動産価格がそれほど下がる可能性はほとんどないためだという。(ロイター)


う~ん、人民元、上がりませんか。
アメリカは怒るでしょうね。

中国、米国にダライ・ラマ支持と内政干渉の停止を要請-外務省報道官(ブルームバーグ)
劉報道官は、「中国はダライ・ラマ14世を利用した内政干渉を非難する。(米国は)どのような形であれ、ダライ・ラマおよび分離派勢力によるチベット独立の動きを支持あるいは黙認するのをやめるべきだ」
-----
アメリカが怒る前に、中国が牽制球を投げました。


中印が態度変えねば失敗=WTO交渉で-米 (時事通信)
米国政府代表団は28日、世界貿易機関(WTO)新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)をめぐり、米欧主導の交渉に反発する中国とインドの両国を名指しで批判、直ちに態度を改めねば「われわれは全員、手ぶらでジュネーブを去ることになる」と述べ、交渉は失敗に直面するとの認識を表明した。








にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2008/07/29 01:21 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/172-5e832dc8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。