スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米7月雇用:予想大幅に下回る減少幅=原油高の中で強じんさ示す 

米7月雇用:予想大幅に下回る減少幅=原油高の中で強じんさ示す(クルーク)
新規雇用者数の減少幅は、市場の事前予想7万5000人減を大幅に下回る結果。エコノミストは、米国の雇用市場は依然として弱いものの、大崩れしておらず、原油高騰の悪影響が懸念される中で、強じんさを示していると見ている。

●製造業の賃金と労働時間、安定傾向=生産横ばい示す

●金利先物市場、FRBの8-9月金利据え置き見通し変えず

●5月と6月の新規就業者数の減少幅、計2万6000人も縮小

●失業率、過去3カ月で0.7%ポイントも上昇

●雇用情勢悪化で賃金上昇に至らず=消費抑制が心配
-----
「雇用統計発表後に実施された調査では、専門家の大半がFRBの政策金利据え置きが当面続くと予想している。」(クルーク)


米、政策金利据え置きか 5日に連邦公開市場委 (共同通信)
米連邦準備制度理事会(FRB)は5日、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)を開くが、原油先物相場が下落に転じ、インフレ圧力がやや落ち着いているため、金利の誘導目標を、前回に引き続き年2・0%に据え置く可能性が高い。今回のFOMCは「次に利上げに踏み切る場合の条件や時期が議論の中心となる」(市場関係者)とみられている。







にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2008/08/03 21:51 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/176-6e7fd032







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。