スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マードック氏の中国進出法 人脈駆使し要人に食い込む  

マードック氏の中国進出法 人脈駆使し要人に食い込む(FSBi)
「メディア王」と異名をとるルパート・マードック氏(76)が最高経営責任者(CEO)を務めるニューズ・コーポレーション社(NC)による米最大手の経済メディア・グループ、ダウ・ジョーンズ(DJ)への買収攻勢が大詰めを迎えている。

まず1993年にスターテレビを買収し、香港を拠点に中国進出のチャンスをうかがった。

香港でフェニックステレビを立ち上げ中国での放送を開始。中国中央テレビ局のホームページの作成に協力したほか、同テレビ幹部をスターテレビ本社での研修名目でロンドンに招いて人脈を拡大。当時の江沢民・国家主席の長男、江綿恒氏とも接触し、同氏の事業に投資し親密な関係を築いた。これをテコに朱鎔基首相や江主席と会見するなど、中国最高指導部との結び付きを強化した。



ルパート・マードックのメディア戦略(鈴木雄雅)
一九九〇年代、マードックのメディア戦略で顕著化したひとつに、ソフト重視策がある。衛星とCATVに供給する番組ソフト、それもおおもとを押さえてしまい、高額で独占放映権を獲得するやり方だ。北米で人気のアイスホッケーリーグ、大リーグ・ワールドシリーズ、球団買収、ゴルフツアーにはじまり、ヨーロッパではサッカーチームを買い取り、ワールドカップの独占放映権を、そしてオーストラリアでは新しいプロラグビーリーグまで作るといった具合である。それはマルチメディア時代に向けて、その三要素と言われる「インフラストラクチャー」「プラットフォーム」「コンテンツ」の領域の中心部の王となるべく、「漁り」のようにもうつる。

 スポーツ有料チャンネルを視聴者獲得のコアとして、次々とスポーツソフトの独占を企てている。日本でも既にラグビーリーグの衛星放送独占化を画策した。気付いた時には、もう遅い。莫大な放映権料を払うか、マードックのチャンネルに加入しないと一流のスポーツ中継を見ることができない。いずれにしても、つけは視聴者に回ってくる。
-----
日本への進出は、1990年代

・テレビ朝日に対するM&A工作(正確には旺文社所有株の買い取り)で「黒船の襲来」などと騒がれ、衛星放送JスカイBの立ち上げなどをぶち上げた。

・突然のメディア買収、一般的には決して高い知名度がなかった孫正義と組むこと自体で驚かせ、即座に日本上陸の第2弾をうつ。



そして、儲けのカラクリに一つに、スポーツ有料チャンネルを視聴者獲得が挙げられますが、

「莫大な放映権料を払うか、マードックのチャンネルに加入しないと一流のスポーツ中継を見ることができない。」

鳳凰衛視(8002)







それでも米国民は中国製品抜きで暮らせない=専門家ら(時事ドットコム)
米国では、有害物質が混入したペットフードや練り歯磨き、危険な玩具、偽薬品など中国製品に対する安全性の懸念が高まり、輸入への反発も起きているが、エコノミストらは、あまりにも広く行き渡っている安い中国製品なしに米国民は暮らせないとの見方を示している。

エコノミストのジョエル・ナロフ氏は、データ的にいえば中国製品を買わなくても米国民は生活できるだろうが、低・中所得層にこれは当てはまらないと話す。
 また、メリーランド大学のピーター・モリーチ氏は、米国内の懸念の高まりにもかかわらず、中国の輸出は減速していないと指摘。事態を変えるとしたら、中国製品を最も多く扱っている小売り世界最大手の米ウォルマートを人々がボイコットした場合だけだろうと語っている。
-----
「中国製のものは含まれていない」を英語で「チャイナ・フリー」というのですね。







にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/07/24 02:13 ] アーカイブス | TB(1) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/19-3192a0ac


アイスホッケーの思い入れ

●H20cm×W16.5cm×D0.5cm●4ポケットミニシート(通常サイズカード4枚用)が10枚固定されているタイプです。・マードック氏の中国進出法 人脈駆使し要人に食い込む・ウインタースポーツの楽しみ方・アンダーアーマー ヒートギア グリッピィフルTシャツ・ALOHA:-)・アイスホ
[2007/08/13 16:42] URL スポーツへの思い





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。