スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【個別銘柄点評】中国消防:割安水準の防火設備企業 

【個別銘柄点評】中国消防:割安水準の防火設備企業(サーチナ)
中国消防は、中国本土で建物の消防システムの設計・施工やメンテナンスを請け負っているほか、防護服や救急車の製造販売なども手がけている。同社はもともとGEM市場に上場していたが、先日10月6日にメインボードへと鞍替えを果たした。

2008年上半期の売上高は前年比21%増の6.22億元と好調だったが、純利益は逆に同30%減の6800万元と2ケタの増収減益となった。同社では、その理由として(1)前年同期に資産売却で900万元の特別収益を計上していた、(2)今期は600万元の為替差損が発生している、など財務的な要因を挙げているが、大福証券では中国本土の防災業界では市場の拡大が続く一方で業者間の競争も過熱し、収益性が低下しているため、と分析している。

ただし同証券では、同銘柄の適正価格を08年通期予想PER(株価収益率)5.3倍に相当する0.63香港ドルとみている。このため、現在の株価はこれを大きく下回る割安水準にあるとして、押し目買いをお奨めしている(6日終値:0.31香港ドル)。(資料提供:大福証券)
-----
割安な銘柄といったら、ここだけじゃありません。
ここはQさんも勧めてるところですから、日本や香港では注目されてるはずですが、「業者間の競争も過熱」とくれば、株価は安くても買いづらいですよね。

本日のH株、11%の下落でした。
でも中国経済の成長力は健在のはず。
輸出がダメなら、内需でしょう。
13億の大きな市場に期待しているのですが、中国政府がまず手をつけるのは、農業とか。
農業と聞くと、なんとなくのんびりした感じがしませんか?
だとすれば、株価の戻りも時間がかかることになりそうです。










にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2008/10/08 23:45 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/199-f472ddcb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。