スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

経済学者クルーグマン氏が語る金融危機下の中国―米華字紙 

経済学者クルーグマン氏が語る金融危機下の中国―米華字紙(レコードチャイナ)
2009年4月7日

米の著名経済学者ポール・クルーグマン氏は最近、米週刊誌「ニューズウィーク」誌の表紙を飾ったが、反ブッシュの旗手として知られたこのノーベル賞受賞者は、オバマ大統領にとっても頭痛の種となりそうだと伝えられた。5月中旬に上海と台湾を訪問予定の同氏を、米華字紙・世界日報が取材した。東方早報の報道。

クルーグマン氏は「危機が去った後、中国・アメリカなどが資源の争奪戦を行うだろう。アメリカがすべきことは、中国と直談判できる人材を育成することだ」と言う。さらに、「経済の復興には相当の時間がかかる」と述べた。
-----
資源株ですか・・・。

ジム・ロジャースも資源株がオススメでしたね。

ロジャーズ氏、原油価格は必ず上がる 最高値更新も(サーチナ)
2009/03/18(水) 17:58

18日付毎日経済新聞によると、米著名投資家のジム・ロジャーズ氏は17日、外国メディアの取材に対し、「既存油田の埋蔵量が乏しく、また新たな油田の発見が少ないことを考えると、原油価格は今後必ず、過去最高値を更新する水準まで上昇する」と述べた。具体的な時期は言及しなかった。

ロジャーズ氏は「今後訪れるインフレに十分な準備が必要だ」と指摘。世界の各国政府は景気刺激を狙って大量に通貨を増発しており、将来、深刻なインフレが起こるのは必至だとした。
-----
ロジャーズ氏は中国に関する自著『A Bull in China』の中で、ポテンシャルを秘めた中国企業株を紹介し、中海石油化学、中国食品、中国海洋石油(CNOOC)、中国石油化工(シノペックコーポ)、王朝ワイン、神華能源、超大現代農業、安徽高速道路、嘉里建設、中国石油天然気(ペトロチャイナ)、大唐国際発電、雨潤食品、匯源果汁の13社を具体名として挙げている。





クルーグマン氏のお言葉、続く・・・、


「中国が世界経済の復活を導くことができるか?」という質問に対しては、「中国の景気刺激策は巨額だが、為替相場で換算すると、中国は日本やアメリカ、ヨーロッパと比べ小規模。全世界に影響があるかは疑問だ」とした。また、今回の金融危機の波及については、アメリカ連邦準備理事会に比べヨーロッパ中央銀行の対応が遅かったため、「ヨーロッパでの影響が深刻になってしまった」という。

中国政府が主張する、各国主権を超越した国際準備通貨の導入に関しても疑問を示す。1968年に国際通貨基金(IMF)は準備資産としてSDRを導入したが、これを使用する国は現在は存在しない。「各国の国民が必要とするのは実際に使用できる貨幣だ」と語った。やはり、「中国は外貨の分散を狙い、ドル以外を求めているようだが、実際はドルとユーロが競争を繰り広げる可能性がある」という。




にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/04/09 21:05 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/317-a40a33a9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。