スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

豚インフルエンザ、航空会社にはSARS超える悪夢か 

豚インフルエンザ、航空会社にはSARS超える悪夢か (ロイター)
2009年4月29日(水)07時04分

豚インフルエンザが世界的に大流行した場合、すでに景気後退(リセッション)の影響を受けている航空会社にとっては、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)で経験した危機よりも深刻な事態になる可能性がある。

ジュネーブを拠点とする国際航空運送協会(IATA)は、メキシコで100人以上の死者を出している豚インフルエンザについて、世界的大流行(パンデミック)となった場合、リセッションの打撃を受けている航空業界にとってはダブルパンチになるとの懸念を表明。「乗客の信頼感を揺るがすものはすべて業界にとってマイナスに作用する。航空業界が直面しているほかのあらゆる経済的問題を考えると、(豚インフルエンザの)タイミングは最悪かもしれない」としている。

ティスコ証券のストラテジストは「SARS大流行はここアジアで起こり、世界各国の政府がアジアを訪問しないよう警告したため、旅行産業に深刻な打撃を与えた。今回の豚インフルエンザは遠くメキシコのことで、相対的に、アジアへの影響はSARSに比べれば小さくて済むはずだ」と話している。



緊張感高まる豚肉大国、中国 SARS教訓に即応(47NEWS)
【北京28日共同】豚インフルエンザの人への感染拡大で世界保健機関(WHO)が警戒水準を引き上げたことを受け、世界有数の豚肉の生産・消費大国、中国では、温家宝首相が28日、国務院(政府)常務会議を開き、「中国に入ってくる可能性を排除しない」として、国内での感染阻止に向けた対策の徹底を指示するなど、緊張感が高まっている。






にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/04/29 07:37 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/320-acdf16ff







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。