スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中台で株式取引を自由化 金融サービス関連の協定調印目指す 

中台で株式取引を自由化 金融サービス関連の協定調印目指す(FSBi)
2009/5/8

中台関係の改善を背景にして中台の投資家に、それぞれ相手方の株式市場での取引が解禁される見通しとなった。

現在、中台の投資家による双方の株式への直接投資には制限が設けられているが、中台両岸は4月26日、金融サービスや相互通貨決済システムに関する協定に調印すると発表した。

台湾証券取引所の薛●会長は7日までに、インタビューに応じ、取引プラットホームと呼ばれる新たなシステムを構築し、台湾と中国のそれぞれ30銘柄を上場する計画を明らかにした。また、ETF(上場投資信託)についても年内の相互上場実現を目指す考えを示した。
-----
このニュースのせいかな、香港市場の証券株、上げてます。

「投資家の関心は間違いなく高い。より多様な銘柄の取引が可能になる。中国の投資家は運用先を多様化したいと考えているし、台湾の投資家にとっても、中国株投資しやすくなる」と評価する声も。


また、

チャイナ・モバイル(中国移動)が中国国営企業として初めて、台湾の通信大手ファーイーストーン(遠伝電信)の株式を12%取得。

台湾には香港証券取引市場に上場している37社の台湾企業株を呼び戻す狙いもあり、中国最大の米菓メーカー、ワン・ワン・チャイナ(中國旺旺控股有限公司)はその先駆けに。

中台間の株式取引自由化が、台湾から中国本土への資本移動を招く可能性も・・・。

中国旺旺(0151HK)




中国移動(0941HK)




大福証券(0665HK)








にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/05/08 18:40 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/326-733c91e0







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。