スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフル、中国経済へ影響を及ぼさず 

新型インフル、中国経済へ影響を及ぼさず(朝日新聞)
2009年5月11日14時17分

中国の専門家と業界関係者は、新型インフルエンザ(H1N1)の中国経済への影響はまだ大きくないと見ている。

国家発展改革委員会対外経済研究所の張燕生所長などの専門家は、「中国は新型インフルエンザの主要な感染地域ではないことから、間接的な影響しか受けていない。新型インフルエンザは中国経済に大きな影響を及ぼしていない。その影響は主に消費と投資への心理的なものだ」と語った。

中国青年旅行社の関係者によると、国内観光においては、観光客の数は大きな変化がないが、海外旅行にはある程度の影響が出ている。この3日間のデータによると、およそ5%の観光客が旅行をキャンセルしたが、これは旅行代理店の業務にさほど大きな影響を及ぼしていないということだ。
-----
う~ん、今日の香港市場、後場ずいぶん下げましたね。



この日は乱高下する展開となった。朝方は前週末の米株高や、この日の中国本土株の前場上昇を支援材料に買いが優勢。9日に署名された中国本土との経済貿易緊密化協定(CEPA)の補充協定で、香港・本土間のより一層の金融緩和が盛り込まれたことを受けて香港系銀行株が軒並み買われ、ハンセン指数の前場は1.66%高で引けた。

ただ後場に入ると、中国本土株の反落をきっかけに次第に利益確定売りが強まった。高値警戒感が強まっていただけに幅広い銘柄に売りが広がり、指数は急速に下げ足を速めてこの日の安値圏で引けた。 (サーチナ)
-----
「金融緩和」・・・いい響きですね。
証券銘柄など、20%超上昇した銘柄もあったのですが・・・・。


中国本土と香港、金融セクターにおける協力関係を強化することで合意。香港の銀行は、広東省での出張所開設や、証券投資に関する合弁のコンサルタント会社設立などが可能に。(中国証券報)

香港、本土と自由貿易に関する取り決めを拡大。合意では鉱山や探査会社、関連サービス企業の本土市場への進出を容易にするほか、銀行や証券会社による本土市場への参入範囲も拡大へ。(チャイナ・デーリー)



中国本土で初の新型インフル感染者、成田経由で北京へ (CNN)
2009.05.11 Web posted at: 18:13

中国衛生省は11日、中国本土で初の新型インフルエンザ(H1N1型)感染者を確認したと発表した。香港では先に感染者1人が入国し340人がホテルに隔離される騒ぎが起きたが、本土での感染者は初めて。

感染が確認されたのは米国に留学していた30歳の男性。新華社通信によると、7日に米ミズーリ州セントルイスを発ってミネソタ州セントポール経由で成田に着き、8日に成田を発って9日午前1時半に北京国際空港に到着した。
-----
もしかしたら、このニュースのせいで株価が下げたのでは?

だとしたら、明日の香港市場は旅行株、航空株を中心に下落が予想されますが・・・・。

香港中旅 (0308HK)




英皇証券(0717HK)




南華金融(0619HK)









にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/05/11 21:10 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/327-a02a8e48







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。