スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内藤戦リングサイド席は中国給料半月分 

内藤戦リングサイド席は中国給料半月分(日刊スポーツ)
2009年5月13日7時59分

WBC世界フライ級王者内藤大助(34=宮田)が、26日に中国・上海で行う5度目の防衛戦のリングサイド席のチケットが、上海市民の平均月収の半分以上という高値になっていることが12日、分かった。関係者によると、販売を取り仕切る中国のプロモーターが公表している座席の種類は7つ。最も安い席は100元(約1430円)で、最も高いリングサイド席は1800元(約2万5700円)。3300元(約4万7100円)前後とされる上海市民の平均月収の半分以上に設定された。

挑戦者のWBC同級10位熊朝忠(26)は、中国人男性として初の世界王座獲得を目指す。日本人王者相手の中国初開催の世界戦とあって、強気の値段設定になったとみられる。
-----
ボクシングといえば、ハングリー精神。
中国人の挑戦者が、日本叩きをするとなれば、否応なしに盛り上がることまちがいなし。
でも、内藤は強いですよ~。
いつものように内藤は最初は苦戦するでしょうが、最後に勝つのはチャンピオンです・・・たぶん。

中国のスポーツは、オリンピックでは良い成績を残してますが、まだまだアマチュアですから。
プロ・スポーツはこれからのようです。
スポーツがお金になるのはまだ先でしょうが、スポーツ絡みは儲かるビジネスですよね。




にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/05/13 19:39 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/331-58265ea4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。