スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

油田掘削船リース、日本郵船・川崎汽船が参入 ブラジルで 



外為ゼロ

片道10万通貨取引
(1万通貨=証拠金7,000円×10回)以上取引した方全員に、
10,000円キャッシュバックいたします。






油田掘削船リース、日本郵船・川崎汽船が参入 ブラジルで(日経)
2009/6/16 08:03

日本郵船、川崎汽船は三井物産などと組み、深海で油田を掘削する船舶のリース事業に乗り出す。まず建造費約800億円の最新掘削船を共同で保有し、ブラジルの国営石油会社ペトロブラスに長期間貸し付ける。深海油田の開発で先行する同国で実績をつくり、世界規模で拡大する掘削船の需要を取り込む。
-----
持ち分比率は日本郵船33.7%、三井物産21.8%、川崎汽船20%、日本海洋掘削1%とのことですが、ここで僕が重要だと思うのは、

「韓国造船大手に水深3000メートルの海底の地下を掘削できる船の建造を発注済み。」

という点です。

日本の造船技術より韓国の方が上なのか、それとも韓国企業の方が安い値段で済むのか。
おそらく、韓国造船大手の価格の安さが発注の決め手になったのではないでしょうか?

もしそうだとすると、原油の掘削機械だって価格が安いものになる可能性もありますね。
ここのところ注目される中国の掘削機メーカーだって、技術的に日本メーカーに劣っていたとしても、低価格を武器に主役に躍り出ることが考えられますね。


天大石油管材(0839HK)

油井管の製造、販売を手がける。
同社は専用シームレスパイプの製造、仕入れと卸売業務を展開している。製品は以下の2種類に分けている。(i)石油と天然ガスに使う専用シームレスパイプ。油井パイプ(オイル・パイプと油田鋼管が中心)と石油・天然ガス用化学工業パイプを含む。(ii)他の専用シームレスパイプ。船舶用パイプとボイラー用パイプを含む。(サーチナ)


墨龍石油機械(0568HK)

原油採掘用機械やパイプなどの開発・製造・販売に従事。
油田における採油設備の総合メーカー。油井パイプや、採油ポンプの一種であるサッカーロッドポンプなどを設計・製造・販売。中国石油天然気、中国石油化工集団の国内主要油田に製品供給するほか、海外にも輸出。(サーチナ)










にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/06/16 09:04 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/385-af52016b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。