スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国株は一段と上昇の見通し=ゴールドマン 

中国株は一段と上昇の見通し=ゴールドマン (ロイター)
2009年7月16日(木)18時26分

ゴールドマン・サックスのストラテジストは、中国の株価が一段と上昇するとの見通しを示すとともに、株式バブル回避に向け政府は措置を講じる必要があると指摘した。

ゴールドマン・サックスのアジア太平洋地域の投資リサーチ部門マネージング・ディレクター、ThomasDeng氏は記者会見で「信頼感は回復しており、流動性は潤沢。海外からの資金があらゆるチャネルで中国の資産へ向かっている」と語った。

一方「中国が、緊急措置を長期的な政策にするかもしれないことが懸念事項だ。経済成長が目標値に達した時点で、もしくは、インフレの明らかな兆候がみられる時点で、政府は流動性を引き締めるべき」との考えを示した。

バリュエーションは過剰な水準には達していないとし、銀行、不動産、および、消費関連株は、依然投資価値があるとの見方を示した。

政府の4兆元(5850億ドル)の景気対策が民間部門の投資を刺激し始めており、内需は予想よりも速いペースで伸びていると指摘。世界経済の安定化を背景に、2010年の輸出は7─9%拡大する可能性があるとの見方を示した。

さらに、企業の利益率水準は既に底入れした可能性があり、今後収益は改善するとの見通しを示した。

その上で「中国は世界的にみても比較的明るい状況にある」とし「投資家は、内需拡大の恩恵を受ける株を買うべき」と述べた。
-----
中国の4~6月期国内総生産(GDP)は堅調な伸びが確認されてます。
大規模な公共投資を柱とする4兆元(約55兆円)の景気刺激策の効果が表れ、中国経済の減速に歯止めがかかった。(日経)






にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/07/16 20:45 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/409-d9f56113







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。