スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国人民銀総裁:中国は国内企業の投資規制の緩和必要-北京で語る 

中国人民銀総裁:中国は国内企業の投資規制の緩和必要-北京で語る(ブルームバーグ)
2009/07/18 17:01

中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は17日夜、北京でのセミナーで、民間企業の投資を促進し、企業の貯蓄率を引き下げるため、行政上の規制などを緩和すべきだとの見解を明らかにした。

同総裁はサービス業を中心に投資の機会が制限されているため、中国企業は利益を内部で留保するか製造業界などに注ぎ込み、過剰設備につながっていると指摘。具体的に海外からの投資や民間の投資を規制している産業として、郵便や電気通信、金融サービス、教育を挙げた。
-----
2兆1300億ドルに上る中国の外貨準備。
最大で70%が米国債を中心とするドル建て資産とか。

周総裁は中国の高水準の外貨準備について、「一般的に言えば、妥当なリターンを得られるなら(外貨準備の)保有は悪いことではない。」という考えのよう。

輸出に焦点を当てることにより中国は開発を加速し、雇用を創出してきたとする一方で、現在は内需の刺激に一段と力を入れようとしていると説明しています。

ただ、人民元の上昇は容認すべきでない、とのことですから、輸出産業も捨ててないようですね。





にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/07/19 07:50 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/412-7aa2a987







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。