スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国バブル再燃? 海外マネー流入、株・不動産高騰 

中国バブル再燃? 海外マネー流入、株・不動産高騰(産経新聞)
2009.8.4 07:56

中国経済の「バブル再燃」が懸念されている。上海株で年初来の上昇率が90%を超えたほか、不動産取引も急速に息を吹き返している。4~6月期に四半期ベースで過去最高となる1200億ドル(約11兆4千億円)が流入したとされ、金融危機で行き場を失った海外の投機マネーが比較的高い成長率を保つ中国に集中したことが背景にある。市場関係者は「中国の実体経済を必ずしも反映しない不気味な高騰」と指摘して警戒を強めている。
-----
中国の実体経済を必ずしも反映しない不気味な高騰?

その根拠として産経新聞は次のような記事を載せてます。


中国GDPに水増し疑惑 成長率でも中央と矛盾(産経新聞)
2009.8.4 18:22

中国の国内総生産(GDP)に統計の“水増し”疑惑が浮上している。31の直轄市や省・自治区がそれぞれ発表した今年1~6月期の地域ごとのGDP額を合算すると、同時期の全国統計より約10%も規模が膨らむことが、中国系香港紙、香港商報の調べで分かった。同紙では、地方政府の幹部らが経済発展の実績を誇張して宣伝するため、統計数字を操作したのではないかと指摘している。
-----
粉飾決算ってやつですか~?



「中国政府の景気刺激案が効果を発揮したことを示しており、中国が経済成長率8%維持の目標実現に自信を持っていることを意味すると考えている。しかし、潜在リスクを無視することはまだできない。」(サーチナ)

潜在リスク?


「政府の4兆元景気刺激案の実施により固定資産投資が急速に増加によって、大量の低コスト資金が株式市場や不動産市場に流入し、新たなバブル崩壊を引き起こす恐れがある。」とか。

でも、まだバブルにもなってないのに、もう崩壊の心配ですか?





中国国内の銀行による人民元融資も急増し、6月の増加額が1兆5304億元と3カ月ぶりに1兆元を突破。多くは不動産投資に回ったもようだ。中国の個人投資家は投機マネーの動向をみながら再び「買い」に走り始めており、平日の上海市内では証券会社に、週末は不動産会社に中間層が群がっている。 (ZAKZAK)





にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/08/05 01:42 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/432-75abd397







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。