スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビル・ゲイツ財団:ワイスなど薬品株を売却、エネルギー株に投資 

ビル・ゲイツ財団:ワイスなど薬品株を売却、エネルギー株に投資(ブルームバーグ)
2009/08/15 15:28

パソコンソフト最大手マイクロソフトの創業者で資産家のビル・ゲイツ氏が設立したビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、ワイスやメルク、イーライ・リリーなどの薬品株をほとんど売却した一方、エネルギー株を購入したことが米監督当局への提出書類で14日明らかになった。

それによると、同財団は6月末時点で製薬大手のファイザーとアボット・ラボラトリーズ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、バクスター・インターナショナル、バイオマリン・ファーマシューティカルズの保有株も売却。一方、がん治療薬開発のシアトル・ジェネティクスの株式は保持し、デボン・エナジーなどのエネルギー株を購入した。

提出書類に掲載された同財団の4-6月(第2四半期)の投資評価総額は74億9000万ドルと、前四半期の84億8000万ドルから減少した。302億ドルの規模を持つ同財団は、寄付金の3分の2を医療分野に投じ、残りを教育分野や、飢えや貧困に苦しむ人々に振り向けている。

同財団はこのほか、エネルギー関連のXTOエナジーやレンジ・リソーシズ、キャボット・オイル・アンド・ガスなどにも出資。中南米最大の携帯電話会社アメリカ・モビルなどの株式を新たに取得した。
-----
米デボン・エナジーというと、2006年2月にCNOOC(0833HK)と黄海南部の海底油田の共同開発してますね。

天然ガス生産会社デボン・エナジーはアナリストによる2008年と09年の利益見通し上方修正が好感されてるようです。(ブルームバーグ)


中国海洋石油:黄海南部の海底油田、開発合弁へ(サーチナ)
2006/02/22(水) 11:53

中国海洋石油有限公司[香港上場、中国海洋石油(CNOOC)、0883]は、親会社である中国海洋石油総公司が米デボン・エナジー社と共同で、黄海南部に位置する「11/34」海底油田の開発に着手すると発表した。22日付で香港・経済通が伝えた。

同油田の面積は1.08万平方メートルで、水深が20-60メートル。中国海洋石油総公司は、同油田で採掘した原油、ガスの所有権51%を保有することが見込まれている。

両社の協定によれば、デボン・エナジー社は同油田の地形調査、油井の掘削作業を担当する。掘削にかかる費用はデボン・エナジー社が負担することになる。
-----
ちなみにCNOOCとデボン・エナジーの合弁は、東シナ海などでも行われていますから、ビル・ゲイツ財団は間接的にCNOOCに出資していることになるのかも。



CNOOC(0883HK)








にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/08/17 10:02 ] アーカイブス | TB(0) | CM(1)


ごめんなさい。

一人で家出したんだけど助けてほしいです。今まで強がってました。もう親には頼れない…super-love.smile@docomo.ne.jp
[ 2009/10/30 20:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/442-5d1e538f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。