スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バフェット氏の米バークシャー、医療関連株に投資-ベクトン、J&J  

バフェット氏の米バークシャー、医療関連株に投資-ベクトン、J&J (ブルームバーグ)
2009/08/17 16:05

著名資産家ウォーレン・バフェット氏率いる米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイは今年4-6月(第2四半期)に、米医療器具メーカーのベクトン・ディッキンソンに出資した。医療器具の需要拡大をにらんだ動きだ。

同四半期末時点のバークシャー保有のベクトン株は120万株。約50カ国で事業展開する同社の株式のほか、ヘルスケア用品で世界最大手の米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の持ち分を14%増やして3690万株とした。今月14日の当局への届出書で明らかになった。

バークシャーによる2社への投資は、中国など各国が公衆衛生関連投資を増やし、米議会で医療保険改革が討議されるなかで行われた。バフェット氏は、同社のポートフォリオ上のすべての動向が同氏の判断に基づくとは限らないと警告するが、同氏が投資対象に選ぶ企業には確固たる強みと長期的な視点があるとしている。

ミラー・タバクのアナリスト、レス・ファントレイダー氏はベクトンもJ&Jも「長期の世界的な経済成長から恩恵にあずかる立場にある。新興市場で、真っ先に人々が支出を増やす対象の一つはヘルスケアだ。中国の成長率が8%なら、ヘルスケア支出は20%増も可能だ」と指摘した。
-----
ビル・ゲイツは米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)を売却してCNOOCと合弁するエネルギー株を買い、バフェットは逆に米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)を買う。

売る人がいれば、買う人がいる・・・・。

投資家は、それぞれ投資の目的が違いますからね。
ただ、投資だけで資産を築いたバフェットさんの方が影響力がありますから、ヘルスケア株が物色されることは間違いないでしょう。


香港市場のヘルスケア銘柄一覧






にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/08/17 22:44 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/443-4dd3766a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。