スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国富豪ランキング、BYDの王伝福氏が首位 

中国富豪ランキング、BYDの王伝福氏が首位(日経)
2009年9月30日 11:16

2009年の中国大陸出身者の長者番付で、充電池や自動車製造の香港上場企業、比亜迪(BYD、広東省)の王伝福総裁がトップになった。「電池大王」の異名をとる王総裁の資産額は350億元(4900億円)。BYDは米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社の出資を受け入れたことで株価が高騰。昨年の103位から一気に中国最大の富豪に上り詰めた。

番付は上海在住の英国人公認会計士、ルパート・フーゲワーフ氏の胡潤研究院がまとめた。

BYDは王総裁が1995年に創業。リチウムイオン電池をフィンランドのノキアや米モトローラなど携帯電話端末メーカーに供給。家庭用電源で充電できる「プラグイン・ハイブリッド車」の年内発売を予定するなど自動車メーカーとしても存在感を高めている。同社の株価はバフェット氏の出資により年初から急騰し、08年比で290億元も資産が増えた。
-----
株価が大きく動いたのは、08年9月。ウォーレン・バフェット氏によるBYD出資(1株8香港ドル)が報じられ、以来1年間で株価は実に8倍となった(09年9月には70香港ドル近くに)。BYD株27.83%保有している王氏の資産も激増したわけだ。

バフェット氏によるBYD出資は、バフェット氏の運用実績額からみれば、非常に小さい。ただし、バフェット氏は新エネルギー分野に以前から大変な興味を示しており、王氏に対しても、「正真正銘のスーパースターだ」と絶賛している。(サーチナ)


バフェットは、今年の1月にBYDの王伝福総裁との会見の席で、

「BYDの自動車分野での目覚ましい成長に非常に注目している。とりわけ電気自動車の技術は世界トップクラスの位置にある」などとコメント。さらに「今後もBYDのような技術革新型企業が中国に数多く出現すると信じている。中国は世界の投資家が真っ先に選ぶ投資先になるだろう」と述べた。(サーチナ)

BYD(1211HK)




ホームページはこちら。

ついでに、バフェット率いるバークシャーハサウェイのホームページ。





にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/09/30 19:27 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/473-61c4f2b2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。