スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スタンチャートが急伸、中国銀行が関心とのうわさで=ロンドン株式市場 

スタンチャートが急伸、中国銀行<3988.HK>が関心とのうわさで=ロンドン株式市場(ロイター)
26日のロンドン株式市場で、スタンダード・チャータード(スタンチャート)株が急伸し、一時5.3%上昇した。

中国銀行(3988.HK)がスタンチャートに関心を持っているとのうわさで買いが集まっている。
-----
中国の銀行各社、がんばってますね~。
工商銀行がアフリカで、中国銀行がイギリスですか。


ただ、次のような記事も、


英スタンチャートへの投資については「何も聞いていない」=中国銀行<3988.HK>幹部(ロイター)
この日のロンドン株式市場では、中国銀行がスタンチャートに関心を示しているとのうわさで、スタンチャート株が5%程度上昇している。

これについて、中国銀行のゼネラルマネジャーでスポークスマンのWang Zhaowen氏は「私は何も聞いていない」と述べた。
-----
火のないところに煙はたたないですしね。
中国銀行がスタンチャートに投資を開始したら、中国銀行株ぶっとびますかね~?

中国銀行(3988)




中国人民元:週間ベースで2週連続高-G7声明受け一段高観測 (ブルームバーグ)
今週の中国外国為替取引で、人民元はドルに対し上昇し、2週連続のプラスとなった。中国共産党が人民元の交換性を促進する意向を強調したのに加え、ワシントンで前週末に開催された7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が人民元の上昇ペース加速を呼びかけたことが背景。
-----
人民元が上昇すると、本土系銀行に有利とか。
ただ、中国銀行はドル資産が多いとかで、恩恵にあずかれないとか。

アメリカの金利下げと人民元高で不動産株、ウハウハ?


「不動産市場を注視」中国当局…低インフレなど成長に不透明要素(FSBi)
中国で住宅販売価格が上昇している。北京など一部大都市では今年1~9月の上昇率が10%を超え、新築マンションは庶民の手の届かない高額だ。25日に国内総生産(GDP)統計を発表した国家統計局の報道官は、注視すべき分野として不動産市場を挙げた。「高成長、低インフレ」の中国経済の足元に不透明要素が広がっている。

CPIには住宅販売価格は算入されていないが、建材など関連する製品価格が値上がりすれば、CPIを押し上げる可能性もある。
-----
建材といえば、セメント、ガラス・・・・、いっぱいありますね。

中国建材(3323)





中国塗料(4617)に見直し買い 昨日場中に上方修正を発表(兜町ネット)
昨日13時30分、中間・通期業績見通しの上方修正を発表。円換算の為替レートが想定より円安となった影響などを踏まえ、08年3月期連結経常利益見通しを従来の80億円→84億円に上方修正したことが改めて評価されているのか、本日は寄り付きから買いが先行して値を飛ばしている。
12時45分現在の株価は、105円高の1,538円。
-----
建材には、塗料も含まれますが、この「中国塗料」って会社は日本の企業かい!?
中国って名前はまぎらわしい。




中国の金融システムは依然「銀行主導型」(人民網)
中国の銀行業と株式市場の質的、量的な差を比べると、年々高成長を続ける中国経済において、インフレ圧力が高まり、株式市場と不動産市場が拡大し、銀行の融資規模が拡大を続ける状況下で、経済が過熱しているかどうか判断する指標は、実は株式市場ではなく、銀行融資の伸びだ。このため、中央銀行は法定預金準備率を相次いで引き上げ、利上げを行い、銀行融資先に業界規制を設けたりしている。これは経済政策の管理層が銀行主導型の金融システムをはっきり認識しているからにほかならない。







にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/10/26 23:19 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/48-efb3217b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。