スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

欧州サッカー八百長、中国マネー流入と黒幕暗躍 

欧州サッカー八百長、中国マネー流入と黒幕暗躍(読売新聞)
2009年11月29日11時35分

今月中旬に欧州サッカーの約200試合を対象とする八百長疑惑が発覚し、過去最大規模の違法サッカー賭博事件として欧州各国に衝撃を広げている。

独シュピーゲル誌によると、八百長試合はドイツをはじめ17か国に拡大。背景には中国マネーの流入や、欧州とアジアのマフィア同士の結託といった組織犯罪の国際化があったと見られ、捜査当局が本格捜査に乗り出した。

中国では、サッカー賭博に投じられる資金が年間250億~1000億ユーロまでふくらんだとの試算もある。ただ、近年は国内リーグで八百長試合が横行してファンのサッカー離れを招き、摘発も厳しくなった。そこで、中国の犯罪組織は不正の場を欧州サッカーに移しつつあるとされる。

中国マネーは、試合の進行と並行して賭ける「ライブ賭博」を中心に流れ込んでいると見られる。どちらのチームが次のコーナーキックを取るか、といった試合中のプレーに次々と賭けるものだ。犯罪組織の中には、テレビやネットによる画像中継に秒単位の遅れが生じることを利用し、試合場に送った情報屋から携帯電話で速報を仕入れて、もうける手口も現れている。

連邦刑事警察庁のヨルグ・ツィールケ長官は、違法賭博で「国境消失」が進んでおり、犯罪組織が「欧州で(選手を)買収し、アジアで賭け、ベルリンで配当を受け取る」ような国際ネットワークを築いたと指摘した。
-----
香港やマカオには競馬場やカジノがありますが、中国本土では賭博は厳禁です。

その代りが株式投資となるそうですが、ギャンブル=株式投資?な中国です。

ですから、A株しか買えない中国人が、B株や香港株を買えるようになったら、と思うと証券株は魅力的なんです。

で、そのギャンブル好きな中国人を日本でギャンブル体験させるには?

ただ単に、中国人を日本の競馬場に呼び込む工夫をすれば良いだけではないかと思うのですが・・・。

世界中で、あんなに盛り上がる競馬場は日本だけですから。
あの競馬場の雰囲気を中国人にも味わっていただきたいのです。
競馬は、日本のりっぱな観光資源だと思いますけど・・・・。

で、どうやって中国人を競馬場に呼び込むかというと・・・・、

単純に中国語の競馬新聞を発行すればよいのではないかと。
う~ん、そうですね、JRAのホームページだって、英語や中国語の表記があってもよいのでは?

ディズニーランドだって、サンリオ・ピューロランドだってホームページ上で英語表記、中国語表記のサービスは行ってますからね。
もちろん、施設内でも英語、中国語のパンフレットは配られてます。

それから、競輪だって絶対面白いです。
僕は、ショーとしても競馬や競輪は大丈夫!と思いますけどね。








にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/11/30 08:38 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/506-75be463f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。