スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「物権法に不備」 中国で批判続出 

「物権法に不備」 中国で批判続出(中日新聞)
2009年12月7日 朝刊

中国四川省成都市で、当局による強制立ち退き命令に対し、女性が抗議の焼身自殺をし、物議を醸している。市民からは「再開発で市政府と開発業者は私腹を肥やしている」との批判が相次ぐ一方、専門家らは、私有財産保護をうたった物権法の不備を指摘している。

北京紙・新京報などによると、成都市で11月、地元政府から自宅の立ち退きを求められた女性(47)が、屋上でガソリンをかぶって焼身自殺を図り、29日に死亡した。市政府関係者は迷彩服姿で鉄パイプや盾を持って女性宅に押し入り、女性らは屋上へ逃走。女性は「下に降りて話し合いを」と求めたが、聞き入れられなかったという。女性宅はその後、取り壊され、親せきらは公安当局に拘束された。

中国は2007年に物権法を制定。私有財産が保護されることになったが、政府側は家屋撤去条例をたてに強制撤去に踏み切っている。専門家は「物権法は軟弱で無力で“無権法”になっている」と、改正を求めている。
-----
たぶん、この女性が犠牲になることによって、「物権法」は改正されることになるのでしょうね?

「市政府関係者は迷彩服姿で鉄パイプや盾を持って女性宅に押し入った。」というのは、どう見ても問題ですからね。






にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/12/07 11:59 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/518-c56fa252







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。