スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

電気自動車、中国で加速 50社以上で生産計画 

電気自動車、中国で加速 50社以上で生産計画(中日新聞)
2009年12月27日

環境対応の切り札とされる電気自動車の開発競争が中国で激化している。国内の50社以上のメーカーが生産計画を進めていて、具体的な目標の公表も相次ぐ。中国政府も温暖化対策などで開発を後押ししており、将来は日本メーカーの強力なライバルとなる可能性がありそうだ。

自動車大手の北京汽車は電気自動車などを生産するための新会社を11月に設立、2011年に量産開始する方針を表明。電気自動車は最高時速160キロ、1回の充電で200キロを走行できるという。ベンチャー企業の「中国リチウム源純電動車」は年末に電気バスの量産を開始し、当面は月産60台規模を予定している。もともと電池メーカーだった広東省の比亜迪汽車(BYDオート)も量産に乗り出す方針だ。

中国自動車工業協会によると、電気自動車開発を手掛ける自動車メーカーは十数社。このほか、2万~3万元(27万~40万円)の安い電気自動車を販売している農機メーカーもあり、これらを含めると50~60社に上る。

日系大手では、日産自動車が11年初めに中国市場への投入を予定している。
-----
日本でも中国でも、キーワードは「エコ」。
NY原油価格が78ドルを超えてきましたから、さらに「エコ」が加速されるでしょうね。


【クルマ人】中国人の嗜好を徹底分析 市場拓く「ティアナ」の小林氏(産経新聞)
2009.12.26 12:00

日産自動車の高級セダン「ティアナ」の中国での販売実績が、前年比約2倍と好調だ。2008年6月にフルモデルチェンジし、日本人だけでなく、中国人の嗜好にも合う車づくりをした成果だという。中国市場の開拓で・・・・・、



環境汚染「ワースト1」の街は今――中国・山西省(CNN)
2009.12.26 19:04

もやに覆われた太陽、どんよりとした空。車も建物もかすんで見える。山西省南部の臨汾(りんふん)市は、06年に世界銀行が発表した報告書で、世界一環境汚染の深刻な街と名指しされた。その後、当局が大規模な汚染防止対策を進めてきたものの、スモッグに包まれた住民の暮らしは相変わらずのようだ。

同省は中国の石炭産業の拠点。その中核となる臨汾には、多くの炭鉱や製鋼所が集中している。

環境汚染の「ワースト1」という汚名を返上しようと、当局は過去数年間、環境浄化事業に力を入れてきた。市環境当局者らによると、数百カ所の炭坑や工場が閉鎖された結果、07年の市内総生産(GDP)は約270億円も減少した。

BYD(1211HK)




東風汽車(0489HK)




BYDのホームページ

東風汽車のホームページ





にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2009/12/27 10:57 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/529-e3dc07d8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。