スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国6年ぶり貿易赤字 3月 人民元切り上げ策も 

中国6年ぶり貿易赤字 3月 人民元切り上げ策も(東京新聞)
2010年4月10日 夕刊

中国税関総署が十日発表した三月の貿易統計によると、中国の貿易収支が二〇〇四年四月以来の赤字となった。赤字幅は七十二億四千万ドル(約六千七百五十億円)。輸出は堅調に回復しているが、原油などの資源価格が上昇していることで輸入額も増加、輸出額を上回った。中国国営の新華社通信が報じた。

米国は貿易の不均衡などを理由に中国に人民元の切り上げを求めているが今回、六年ぶりに単月で貿易赤字になったことで、中国政府は「人民元相場と貿易不均衡は無関係だ」との主張を強めるとみられる。一方で、インフレ懸念を理由に人民元改革を打ち出す可能性もある。

貿易統計によると、三月の輸出額は前年同月比24・3%増の千百二十一億一千万ドルで、四カ月連続で前年同月を上回った。輸入額は66・0%増の千百九十三億五千万ドルで、五カ月連続のプラスとなった。中国側は貿易赤字について、「中国経済の回復過程で発生した一過性のもの」(陳徳銘中国商務相)としている。
-----
「これは断言しても良いですが、
中国は絶対に外圧では動きません。
中国の政策は外交も含めて、
全て、国内情勢のみを考慮して決定されます。」


上は、北京の企業家、柳田洋さんの現地発信・中国ビジネス事情の中の一文ですが、人民元の切り上げは、「インフレ懸念を理由に人民元改革を打ち出す可能性もある。」という国内事情によって行われることになりそうですが、果たして・・・。

最近は、人民元の切り上げのXデーがいつなのか、とか、人民元の切り上げによって影響を受けるセクターに注目が集まってますが、誰かが航空株だと言えば航空株が、不動産株だと言えば不動産株が売れてます。
まあ、株は人気投票みたいなものですから。

Qさんが挙げた亨泰(0197HK)は、前回決算での株配の影響で株価は伸び悩んでますが、食品輸入と農業の会社ですからね。僕自身は非常に楽しみな会社ではないかな、と思っているところです。


さて、先日僕が買った意馬国際(0585HK)ですが、9日に220%の上昇でした。
8日には、株価がいつの間にか4分の1まで下がりましたから、220%上がっても買値を下回ってます。

で、現地での記事を見ると、株主割当発行増資が行われています。
希望する株主は保有株4株に対して1株を割安で買えるのですね。

意馬国際は、社長が替わったり、アトムで赤字を出したりと散々ですが、中国もアニメは国策とのことですからね。
そして、アニメやCGの学校も増えてますから、アニメ産業は大丈夫!のはず・・・。

ですから、今が底のような気がしてますが・・・・。

IMAGI インターナショナル (意馬国際 )のホームページ



◎株主割当発行増資(All About)

既にその銘柄を保有している株主しか買うことができません。言い換えれば、既存株主への特典です。
新しく株式を発行し増資を行った場合、もともと持っている株式数に比例して、買うことができる上限の株数が決められています。

その発行価格は、時価よりとても安く決められます。もちろん、買わない選択をしても構いません。自由です。でも相当安く手に入るので、株主にとっては買わないともったいない、というケースが多いようです。

1960年代に日本経済が発展していった時期には、この株主割当発行増資が主流でした。株主から新しい資金を提供してもらい、その資金で新たな設備投資や新製品の開発をします。こうして、会社は大きな発展を遂げます。会社の発展に伴い株価も上昇するので、同時に、株主も財産を増やしていったのです。





にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2010/04/11 08:21 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/560-9fb6d144







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。