スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイドリングストップ車 「第3のエコカー」として急浮上 

アイドリングストップ車 「第3のエコカー」として急浮上(J-CASTニュース)
2010/7/ 7 11:14

「エコカー」といえばトヨタの「プリウス」に代表されるハイブリッドカー(HV)や電気自動車(EV)に注目が集まりがちだが、「アイドリングストップ車」が「第3のエコカー」として名乗りを上げている。日本ではマツダが積極的に採用、他のメーカーも追随しはじめた。ガソリン車でありながら低燃費で、販売価格もリーズナブルとあって、急速に普及する兆しを見せている。

環境意識が高いことで知られるドイツなど欧州では、アイドリングストップ車が「エコカー」の代表格になっている。

欧州では1999年にフォルクスワーゲンがアイドリングストップ車を市場に投入するなど先行したが、このときはあまり売れなかった。それが近年のエコブームもあって、2007年にBMWが1シリーズに導入。08年にはメルセデスベンツが、アイドリングストップ機能を標準搭載した小型車「Smart For Two mhd(スマート・フォーツー)」を発売した。スマート・フォーツーはすでに、08年12月に日本市場にも投入されている。

09年にはアウディも「スタート&ストップ」機能と名付けて参入。続々とアイドリングストップ車が登場している。
-----
う~ん、エコカーといえば、ハイブリッドに電気自動車・・・。
でも、やっぱり普通のガソリン車に比べると価格が高いですよね?

このアイドリングストップ車は、ガソリン車でありながら低燃費で、販売価格もリーズナブルだそうですから、中国でも「エコカー」として人気が出そうです。

でも、中国車のエンジンがストップしたら、それっきり動かなくなるような気が・・・・・。


えっ?じゃあ、なぜ日本でアイドリングストップ車が普及しないかって?

それは、マツダの人気に比例するからでしょうか?

トヨタなどが、ハイブリッド車からアイドリングストップ車に移行していけば、日本でも人気が出るだろうと思います。





にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2010/07/07 21:56 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/607-e3b14134







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。