スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レアアース 再利用 東大チームが新技術開発 

レアアース 再利用 東大チームが新技術開発(毎日新聞)
2010年10月26日(火)12時45分

ハイブリッド車やハイテク製品に欠かせないレアアース(希土類)の効率的なリサイクルにつながる技術を、東京大生産技術研究所のチームが開発し、26日発表した。レアアースは、世界の生産量の9割以上を握る中国の輸出制限などで価格が高騰。将来の安定供給が不安視されており、リサイクル技術の確立が急務だ。

チームは、コンピューターのハードディスクドライブやハイブリッド車のモーターに使われている高性能磁石「ネオジム磁石」に注目した。これらの多くは現在廃棄処分されているが、磁石に含まれる2種類のレアアース「ネオジム」と「ジスプロシウム」を、高温状態での化学反応を利用して狙い通り回収する新技術を開発した。

ネオジム磁石を含む合金を高温の塩化マグネシウムの液体に浸すと、合金中のレアアースが溶け出し、鉄やホウ素など不要な物質を分離できた。さらにレアアースが溶けた液体を、約1000度の真空下で蒸留すると、ネオジムとジスプロシウムが回収できた。これにより、合金中のレアアースの8割以上を回収できたという。

従来研究されていたリサイクル法は、有害な廃液が出たり、レアアースの回収率が低く処理時間も長いという課題があった。今回の方法は、有害な廃棄物が出ず、鉄やアルミニウムなど他の金属を含む製品スクラップからも回収が容易だ。

チームの岡部徹・同研究所教授(材料化学)は「基礎研究レベルだが、環境調和型の新しいリサイクル技術の一つになりうる。国内に製品の形で蓄積されているレアアースを有効活用することは、資源セキュリティー上も重要だ」と話す。
-----
北大も東大も、国立大学はがんばってます。
海外から見れば日本の大学の人気は低いようですが、こういった研究成果が認められれば、世界中の優秀な学生が日本に留学してくれるかも?

不法滞在に対しては厳しい態度が必要ですが、観光客や留学生は日本にとって、ありがたい存在のはずですよね。

それよりも、レアアース。

中国からの輸出規制がまだ続いてるようですが、菅総理のあの暗い表情は国民に不安を与えますね。

円高を利用して、海外の資源や企業を買い漁れば、世界中が驚くのでは?

「日本、恐るべし!」と思わせれば、円高が止まるはずだと思うのですが・・・・。

今の円高水準で30兆円あれば、ペトロチャイナやBPやエクソンモービルなどが買えちゃうとか。
そうすれば、50年くらいはエネルギー問題から開放されちゃうとのこと。





にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2010/10/26 20:32 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/639-721d3676







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。