スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

住宅販売上海42%減、北京38%減  中国不動産バブル 弾けたのか 

住宅販売上海42%減、北京38%減  中国不動産バブル 弾けたのか (J-CAST)
2011年2月22日11時20分

高騰が続いていた中国の不動産価格に陰りがチラついてきた。
上海の2010年の新築住宅販売は前年に比べて42.2%減になったと、上海市統計局が発表。
北京でも38%減少したと米ブルームバーグが報じている。

中国・上海の不動産市場は2009年の時点で「6割が投機目的」といわれ、急激に高騰している。

日本総合研究所は「沿岸エリアの不動産価格は確かに高すぎます。もう値上がりは期待できないでしょう」という。
それどころか、上海や深セン、重慶といった都市ではすでに急激に値が下がっている。
そんな状況を、投資家らは「不動産バブルが弾けた」と受けとめているのかもしれない。

国土の広い中国にあって、上海や北京が占める割合など2、3%に過ぎません。こうした都市部で値が下がったからといって、中国経済全体でバブルが弾けるかといえば、そんなことにはなりません」と説明。かつて日本が陥ったような、深刻なバブル崩壊に直面するリスクは「小さいとみるべき」という。



前田建設が堅調・中国への再参入報道も株価支援(ストックステーション)
2011年02月22日 13:43

前田建設工業(1824)が堅調。日本経済新聞で、中国市場に再参入すると報じられており、株価支援材料となっているようだ。

中国のマンション最大手である万科企業と合弁で、るマンションの設計や施工の管理を展開する。前田建設は数年前に中国での工事請け負い事業から事実上撤退したが、今回は施工管理業務で成長市場に挑むという。
-----
う~ん、これは・・・・。

日本の建築に関するノウハウが、中国に流出する懸念が生じてきましたね。

当然、前田建設の建てたマンションは頑丈ですから人気がでるでしょう。
中国企業の建てた倒壊しそうなマンションとは、「モノ」が違いますからね!







にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2011/02/22 22:26 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/652-6590eea3







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。