スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホンダ、中国合弁初の自主ブランド車を発売 

ホンダ、中国合弁初の自主ブランド車を発売(サンスポ)
2011.4.18 13:04

ホンダは18日、中国合弁会社である広汽本田汽車(広汽ホンダ)が自主ブランド「理念」の初量産車「理念S1」を17日から発売したと発表した。排気量は1300ccと1500ccで、価格は6・98万元から。

理念S1は商品のデザインから開発、生産、販売までをすべて広汽ホンダで行った小型セダン。すでに予約受注台数は3000台を超えているという。
-----
広州汽車集団(02238)

ホームページはこちら。


サーチナによると・・・・、

■ 業務内容

中国の大手自動車メーカーの一つ。乗用車、商用車、自動車部品等の製造販売。

■ 企業沿革

中国の大手自動車メーカーの一つ。2009年時点で中国第六位の生産台数を誇る。トヨタ、ホンダと提携し乗用車を、日野自動車との合弁でトラックを生産(広汽ホンダについては、広州汽車集団上場前は自動車関連部門子会社を通じての合弁だが、駿威汽車の完全子会社・事業再編後は広州汽車集団傘下の合弁会社となる)。このほかこれらの合弁を通じてガソリンエンジンやディーゼルエンジン製造もてがける。上場に先立ち駿威汽車を完全子会社化。


最近の中国部品工場でのストライキなどを受けて、自動車セクターの賃金インフレが高まっているとの懸念が浮上しており、自動車メーカーの利益を圧迫する可能性があるとみられている。(ロイター

う~ん、さらに東日本大震災の影響も懸念されてます。

そして、

韓国の自動車部品メーカーに注文急増、長期好況への期待も(東亜日報)
APRIL 14, 2011 09:25

韓国の自動車部品メーカーは最近、注文が急増し、活況を呈している。部品の需要者である現代起亜(ヒョンデ・キア)自動車の世界市場シェアが急激に伸びているからだ。これに加わえ、海外の自動車メーカーが韓国製の部品に高い関心を示している。

東日本大震災により日本自動車部品メーカーにも影響が出始めている中、価格や技術競争力の高い韓国の部品メーカーが、グローバル自動車メーカーから「ラブコール」を受けている。

専門家は、今の韓国部品メーカーの存在感は、00年の日本部品メーカーの状況と似ていると分析する。日本でトヨタなど自動車メーカーとともに部品メーカーが成長し、完成車よりも部品企業が長期好況を呈していたように、韓国の部品メーカーも長期好況が期待されている。
-----
「トヨタのリコール問題以降、世界自動車大手のグローバルソーシングが強化される中、東日本大震災の影響で部品供給先の多様化の動きがさらに活発になっている」

ということは、部品メーカーの一番が日本で、次が韓国・・・・。

中国企業の出番はまだ先か?

そういえば、かつて人気があった部品メーカー、北泰創業(ノースター2339HK)に未来はあるか?











にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2011/04/19 00:52 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/670-27595859







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。