スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ごみや排水の増加で地下水汚染が深刻化、抜本策見えず―北京市 

ごみや排水の増加で地下水汚染が深刻化、抜本策見えず―北京市(Record China)
2011年10月19日(水)14時13分

2011年10月17日、網易によると、中国・北京の地下水汚染が深刻化している。北京市民に供給される生活用水のうち、約3分の2は地下水をろ過したもの。経済成長に伴い都市部のごみが急増し、工場排水が地下へ浸透するなど、汚染は広がる一方だ。

北京市では市内主要地域で地下水質の定点観測を行っている。担当者によると、最も汚染の危険性が高いのは、ごみ処理場の周辺地域。2009年に“悪臭で悪名高い”市南西部の北天堂ごみ処理場へ向かったところ、「乗っていた車を停めた途端、フロントガラスにハエがびっしりたかった」という。周辺の地下水に含まれる細菌や化学物質の量は、安全基準を大きく超えていた。

また、市当局が「最も巨大な汚染源」と指摘するのは、秋から冬に道路や住宅の庭に放置される家庭ごみだ。雨が少なく乾燥した北京では、ごみが路上や庭に積み上げられて放置される。一度雨が降るとごみから汚染物質が染み出し、そのまま地面に浸透する。春になると北京を流れる河川の下流域では、冬の間に流れてきたごみが蓄積。流れる水は真っ黒になるという。専門家の1人は「一度汚染された水を元に戻すのは難しい」と懸念するが、抜本的な対策は見つかっていない。
-----
北京の下水道業者といえば、北控水務(0371HK)。
いわずと知れたQさん銘柄です。
今日19日は、8%近い上昇でした。


中国政府が水道料金改革、コストのオープン化も検討(中国証券報)
2011/10/17(月) 07:03

国家発展改革委員会・価格司環境不動産価格管理処の倪弘処長はこのほど、水資源の効率利用に向け、水道料金価格制度の改革を推進する方針を示した。14日付中国証券報が伝えた。

改革の具体内容として、◆水資源の状況や地方の許容能力を考慮の上、各地域の水資源の不足の程度を反映させる適正な徴収基準を定めること、◆汚水処理料金制度を整え、その徴収範囲を拡大すること、◆都市部の水道料金価格管理を徹底すること――の3点を挙げた。

水道料金算出の根拠となるコストの公開や、使用水量ごとに単価を引き上げる方式、一定の水量を超えた場合に単価を引き上げる方式を料金体系に試験的に導入する考えも明らかにした。





にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 香港株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2011/10/19 20:55 ] アーカイブス | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chupako5858.blog109.fc2.com/tb.php/692-aa0be79d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。